お客様のニーズにお応えするプラスαのクリエーター

当社は明治30年(1897年)に創業しました。
現在本社を構えている場所(石川県金沢市)で、金箔問屋を開業したのが始まりです。
明治、大正、昭和と、その時代の価値観により金箔の役割は変化し、それに対応しながら、当社は業務の多様化を図ってきました。
変化の激しい時代にあって進むべき方向を見定めるためには、いま一度、初心に立ち返ることも必要だと思います。

金箔は、金沢が世界に誇る伝統的な工芸材料です。その素晴らしい輝きのために、金箔の装飾性にばかり着目しがちですが、金箔のコストパフォーマンスの高さも見逃せません。現代的に解釈するなら、金箔は付加価値そのもの、と言うことができるでしょう。金箔のこの機能にならい、当社は常に「もうひと工夫」を信条にしてきました。
当社の多様な業務に共通する方針は「もうひと工夫」即ち「付加価値の創造」にあります。

タジマは付加価値創造企業を目指していきます。当社にはそれを推進できる技術、設備、ノウハウの蓄積があり、経験豊かなスタッフが揃っています。私たちはプラスαのクリエイターとしてお客様のニーズにお応えします。

会 社 概 要
会 社 名 株式会社 タジマ
創 業 明治30年
代 表 者 代表取締役 田島 乗彦
資 本 金 14,000,000円
従 業 員 29名
事 業 所 本     社    〒920-0855 石川県金沢市武蔵町11番1号
    TEL 076-263-0221  FAX 076-233-2221

大阪営業所     〒540-0005 大阪市中央区上町1丁目22番20号
    TEL 06-6768-0255  FAX 06-6764-1115
沿 革
明治30年(1897年) 田島鶴松が現在地にて金箔問屋を創業
大正14年(1925年) 田島秀夫が事業を継承
昭和9年(1934年) 金沢市古道1番丁にアルミホイル工場を建設、
中国・東南アジアへ製品輸出開始
昭和21年(1946年) 銀箔、洋箔、アルミ箔、白金箔などの製造販売を開始
昭和25年(1950年) 株式会社田島商店を設立(代表取締役 田島秀夫)
昭和32年(1957年) 金沢市神宮寺町に神宮寺工場を建設
昭和38年(1963年) 箔関連商品全般の取扱を決定、業務を箔部とアルミ部に分割
昭和40年(1965年) 大阪市東区に大阪出張所を開設
昭和50年(1975年) 金箔工芸品部を新設、美術工芸品の製造販売を開始
昭和51年(1976年) 田島秀夫が取締役会長に、田島秀哉が代表取締役社長に就任
昭和52年(1977年) 大阪営業所を新設(大阪市中央区)
昭和57年(1982年) 本社社屋新築、同所に金箔工芸品展示即売店「田じま」を開店
平成4年(1992年) CIを導入、株式会社タジマに社名変更
平成17年2月1日
(2005年)
田島秀哉が取締役会長に、田島乗彦が代表取締役社長に就任